3.11から意識が変わった我が家。非常時の「南アルプスの天然水」

3.11から意識が変わった我が家。非常時の「南アルプスの天然水」

 あの3.11の日から災害に対する意識が変わったという方も多いのではないでしょうか。わたしもその中の一人です。わたしは一人暮らしなのでもしあのような災害が起きた場合、家に一人という可能性が高いのです。誰にも頼ることの出来ない状態が続くかもしれません。そのことを想定して「水」をストックするようになりました。これまでは水を家に置いておくということにあまりこだわりがありませんでした。しかし災害に対する意識が変わり、せめて水だけでもストックしておこうと思い始めたのです。

 わたしが買っている水は南アルプスの天然水。一人暮らしを始めたころからちょくちょく買っていて飲みなれた水です。飲みやすいのでいつもこれにしています。水をストックしようという意識が芽生える前は二リットルのペットボトルを一本づつ買い、なくなったらまた一本買うという買い方をしていました。わたしは水そのものをそのまま飲む習慣がなく、普段はペットボトルのお茶を飲んでいるので水と言えば料理に使う程度だったのです。

 しかし今は2リットルペットボトルを2ケース、つまり12本まとめ買いしています。12本ペットボトルが部屋にあると部屋は狭くなりますが、安心感があります。もし閉じ込められるようなことが起こっても水があるのだから大丈夫、と思えます。災害時に水はとても貴重なものになると思います。それが自分の部屋にストックされているということは大きな安心です。一人暮らしでこの量の水を一人で運ぶのは大変なのでわたしは楽天で頼んでいます。玄関先まで持ってきてくれるので大変助かります。

 備えあれば憂いなし。ただ飲むだけではなく、災害時のことを考えてストックしておくのが良いと思います。

↑ PAGE TOP