5年間腐らない神戸ウォーターをもしものために備蓄

 東日本大震災の後、いつ何が起こるかわからないと思い、私の住んでいるエリアは地震などは非区的少ないのですが、防災用に水や食料などを備蓄することにしました。しかし、よく聞くのは水や食料は腐ってしまうので、思いのほかすぐ備蓄していてもだめになって買い直さなければならないとう話です。それがあったので、水はとにかく腐らないものにしようと思い、ネットで探した結果「神戸ウォーター」というものを購入しました。

 神戸ウォーターは、神戸市内の山からとれる水源の水で、非常に硬度が高く、アルカリ分も多く、それが理由で「5年間腐らない」ということが説明されていました。サイトを見ると、神戸市が売っているわけではありませんが、信頼できそうな会社だったので、それを信じて購入しました。ストックしている量は、TVで「どんな災害でも、都市部であれば3日で給水、食料補給の支援が始まる」と言っていたので、とにかく夫婦2人家族が3日間生き延びられる量さえあればいいだろうと思い、1人1日2Lのペットボトルを3本で、合計12本購入してクローゼットの奥深くに備蓄してあります。

 ちなみに買ったのはネット通販です。「神戸ウォーター」で検索するとすぐ出て来ます。しかし購入してみて、本当にそれを使うような機会が来て、開けては見たもののまずくて飲めなかったのでは困るので、1本だけ開けて飲んでみました。するとやはり非常に硬度が高いからか、ミネラル分が多いからか、少しだけ塩っけをかんじるような味でした。普段使いであれば、人には勧めませんが、何しろ5年保存がきく、ということなので、備蓄用にはお勧めできると思います。

no comments

Leave me comment